有名選手

皆さんにお手本にして欲しい、有名なゴレイロを紹介します。

フットサルにおいては、スペイン代表の「ルイス・アマド」が断然ナンバーワンと評され、世界一のフィールドプレーヤーといわれるブラジル代表「ファルカン」や、ポルトガル代表「リカルジーニョ」と共に【世界最高のフットサル選手の一人】と言われています。ゴレプロの教義を構築する上でも、ルイス・アマドの研究を深く行いました。

日本人にも素晴らしいゴレイロがいますが、残念ながらまだ世界トップとの差は歴然のようです。今後のFリーグの発展で、今以上に素晴らしいゴレイロが日本から誕生していくことを期待しています。

1.ルイス・アマド(スペイン/インテルビュー モビスター)   

「フットサル史上・最高のゴレイロ」

スペインの強豪 インテルビューに所属し、長らくスペイン代表の正ゴレイロとしても活躍した世界NO.1ゴレイロ。ハンドボール型を言われるそのプレースタイルは、ローボールを足で弾き出し、そして正確無比のスローで、幾多のカウンターを決める。ポジショニングやその存在感を含め、フットサル史上最高のゴレイロであることに何ら異論の余地はないだろう。是非DVDでそのプレーを確認して欲しい。

【プレーチェック方法】

(DVD)

・フットサルインターコンチネンタルカップ2005 ・ブーメンラン編 (インターコンチネンタル=現クラブワールドカップ)

・2004フットサル世界選手権(現ワールドカップ)

特にインターコンチのDVDは必見です。壁のようにそそり立ち、全く相手にゴールの気配を与えない圧倒的な威圧感!

出典:フットサルマガジン ピヴォ

 

2.イゴール(ブラジル/Fリーグ・シュライカー大阪→ペスカドーラ町田)   

「Fリーグに登場したブラジルリーグNo.1ゴレイロ」

2008年度ブラジルリーグでベスト5に選ばれた「本物」のゴレイロが、Fリーグで驚愕の大活躍中。元シュライカー大阪・現ペスカドーラ町田のイゴール選手!187㎝とブラジル人としては長身ということもあるが、セーブ力・威圧感・キックの正確性等、(残念ながら)日本人のゴレイロとは大きな実力差がある。

特に特筆すべきは、キックの正確性と威力。通常のパス回しにアクセントのように加わるセミパワープレーは、相手チームの脅威に。ミドルシュートの威力もFP並みかそれ以上で、理想と言われる「ゴレイロがそのままパワープレーに入ることができる」数少ない選手と言える。

その実力を見る限り、仮にスペインリーグ一部に移籍しても、ポジションを取ることのできる選手である。このような「本物」がFリーグでプレーすることで、日本フットサル全体のレベルが上がっていくと思われる。

2009年度FリーグMVP(ゴレイロ初、かつ非優勝チームからの選出)

イゴール選手 ゴレイロ

【出典】左:フットサルナビ  右:イゴール選手のホームページ